成田市土屋の歯科医院。インプラントや矯正治療から一般歯科まで、最新の機材で総合的な診療を行っています。

0476-22-0776

お問い合わせ・ご予約受付時間 08:00~17:00

診療内容

診療内容

一般歯科

虫歯治療、歯周病治療、欠損した歯の治療など一般的に歯科医院が行う治療です

虫歯治療

あなたの大切な歯を歯垢(プラーク)の中の細菌が溶かしてしまう病気です

虫歯治療

虫歯で歯を溶かすのは口の中にいる細菌です。 口の中の細菌は歯に白くネバネバした歯垢(プラーク)を形成します。それが食糧に含まれる糖分から酸を産生し歯を溶かしてしまいます。

ポイント

  • 歯垢(プラーク)内の細菌が歯を少しずつ溶かすため、自覚症状のないうちに症状が進行してしまいます
  • 少しでも自覚症状を感じたら病院で検査することをお勧めします
  • 進行の度合いや患者様のご要望に合わせた治療方法があります
虫歯の進行度一覧
○初期(CO)
初期(CO)

歯の表面のエナメル質に穴が空いた状態です。
まだ痛みはありません。

○エナメル質う蝕(C1)
エナメル質う蝕(C1)

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達している状態です。
時々冷たいもの、甘いものが沁みます。

○象牙質う蝕(C2)
象牙質う蝕(C2)

虫歯が象牙質を侵食している状態です。
自覚症状として歯の痛みが感じられるのはここからです。冷たいもの、甘いものがしみたり痛みを感じたりします。

○神経まで達したう蝕(C3)
神経まで達したう蝕(C3)

神経にまで虫歯が進行している状態です。
炎症が起きるため常に痛みがあり、温かいものがしみるようになります。

○残根状態(C4)
残根状態(C4)

浸食が進み、歯の根だけが残った状態です。神経が死に、痛みを感じません
こうなると歯を抜くしかありません。

自覚症状があるのは象牙質う蝕(C2)からです。
歯磨きでの日頃の歯垢の除去をし、自覚症状があった場合にはすぐ歯科医院に行き治療をすることが大切です。

虫歯の治療

症状の進行度によって治療方法は変わってきます。

○軽度の場合(C0~C1)
・フッ素塗布・シーラント
主に虫歯の部分を削ってフッ素を塗る、シーラントを行うなど、悪化を予防するための処置を行います。
○中度の場合(C1~C3)
・インレー(詰め物)
歯を削って詰め物(インレー)を入れます。
クラウン(被せ物)
・クラウン(被せ物)
ある程度歯を削り、歯の被せ物(クラウン)をかぶせます。
虫歯が進行し、歯の根からの治療が必要になる場合は、コア(土台)を入れ、そこにクラウンをかぶせる必要があります。
○重度の場合(C4)

主に抜歯を行います。
歯が無くなったところを補う方法として下記のような治療を行います。

ブリッジ(被せ物)
・ブリッジ
歯が無い箇所の両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れる治療法です。
保険の適用ができますが、白い素材を使えるのは前歯の一部だけで他は銀歯になります。
保険適用外の治療だと素材に制約はなくなります。
・部分入れ歯
部分的な義歯を製作して歯が無い箇所を補う方法です。
・インプラント
歯がなくなったところに土台を埋め込み、その上に人工の歯を装着する方法です。

アンデンタルクリニックの治療

麻酔がなくても痛みが少ない最新の機材を用いています

麻酔がなくても痛みが少ない最新の機材を用いています

当クリニックで利用している炭酸ガスレーザーを用いたメスは、麻酔をしなくても痛みが少なく、傷口の回復が早いため、患者様の負担を極力最小限に押さえることができます。

コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填

削った部分を補填する治療方法として、金属のインレーではなく「コンポジットレジン」と呼ばれる歯科用のプラスチックを充填する方法があります。
白色で自然な見た目に治療ができるほか、安価かつ金属アレルギーの心配がなく、修理が簡単である等の特徴があります。
治療期間も1回~2回と短い期間で済むので当クリニックではコンポジットレジンでの治療をお勧めしています。

また、コンポジットレジンは虫歯の治療だけではなく、歯の上に盛って歯の形態を整形する、歯の変色した部分に薄く塗って見た目を白くするなどの審美的な治療の用途にも使用されています。

削った歯に銀歯を入れる、ブリッジで歯を入れる、などの治療法と比較すると歯を削る量が少なく治療をすることができ、歯をできる限り多く残すという観点から有効な治療法です。
コンポジットレジンでの治療を希望される方はぜひ当クリニックへご相談下さい。

メリット

  • 見た目が白く、自然な歯に近い仕上がり
  • 金属ではないので金属アレルギーの心配が無い
  • 治療期間が短い(多くの場合1~2回の通院)

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)は歯を失う大きな原因の一つです

歯周病治療

主に歯垢(プラーク)、歯石中の細菌を原因として歯の周りの組織が炎症を起こすことを歯周病といいます。
痛みは無く細菌が歯を支える骨を溶かしていくため、違和感を感じたときにはもう歯を抜くしかなくなっています。

現代人が歯を失う大きな原因の一つが歯周病です。
健康な歯を取り戻すためには、徹底的に歯垢・歯石を除去し必要であれば外科手術を行う必要があります。

ポイント

  • 虫歯と同じ歯垢(プラーク)内の細菌が原因の疾患です
  • 痛みを感じないまま症状が進行してしまうため、日頃のケアが大切です
  • 正しいセルフケアのアドバイス、指導をさせていただきます

日常的な歯のメンテナンスは再発の防止には必須です

治療が終わってからも歯垢を放っておくと、歯周病は再発します。
定期的な歯のメンテナンス、正しいセルフケアをしていくことが何よりも大事です。
当クリニックでは正しいブラッシングの指導、歯垢・歯石の除去を行っています。

義歯治療

歯を失われた方への基本的な治療法です

義歯治療

歯を失われた患者様への基本的な治療はインプラントなどの手法が広まっている現在でも「入れ歯」です。
数回の通院で歯が入り、特別な手術や歯を削ったりする必要がありません。保険適用の入れ歯と適用外の入れ歯があります。

ポイント

  • 特別な手術は必要なく、数回の通院で治療が完了するお手軽な治療方法です
  • 大きく分けて部分入れ歯と総入れ歯の二通りの治療があります
  • 保険適用外の入れ歯の場合は、着け心地が自然に近い材質のものを選べます
入れ歯の種類
部分入れ歯
○部分入れ歯

上下ともに健全な状態の歯が一本でも残っていることが前提になります。

取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯に金属のバネで固定して噛めるようにします。

総入れ歯
○総入れ歯

主に抜歯を行います。
歯が無くなったところを補う方法として下記のような治療を行います。

歯が一本も残っていない場合の入れ歯です。

お口の中に吸着させて固定しますが患者様によって吸着しやすい場合、吸着しにくい場合があります。

保険の適用外の入れ歯について

保険適用内の治療ではプラスチック製の入れ歯のみが対象になりますが、保険外での治療では様々な材質で入れ歯を作ることができます。

保険適用内で可能な入れ歯の特徴
○保険適用内で可能な入れ歯の特徴
  • プラスチック製でどうしても厚みがでてしまい、装着したときの違和感が出やすい。
  • 保険の規定により半年間同じ場所の入れ歯を作れない。
  • 擦り減るため、定期的な点検が必要。
  • 長期間の使用により作り直しになることも。
  • 部分入れ歯の場合、留め金が目立つ。
  • 保険の適用内なので費用が安く済む。
保険の適用外で可能な入れ歯の特徴
○保険の適用外で可能な入れ歯の特徴
  • 様々な材質(金属、シリコンなど)のものから選べ、薄く作ることもできるため自然の歯に近い感覚を得られる。
  • 入れ歯の作りなおしに制限が無い。
  • 部分入れ歯の場合、留め金が目立ちにくいものを選べる。
  • 全額自己負担なので費用が大きくなる。

入れ歯のほかに患者様の骨に人工歯を固定する「インプラント」での治療もおすすめしています。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP