成田市土屋の歯科医院。インプラントや矯正治療から一般歯科まで、最新の機材で総合的な診療を行っています。

0476-22-0776

お問い合わせ・ご予約受付時間 08:00~17:00

診療内容

診療内容

インプラント

歯を失ってしまった方へ、乳歯、永久歯に続く「第三の歯」を提供します

インプラント

金属の土台を骨に埋め込み、人口の歯を固定する治療方法です。
土台と骨が直接結合するので(オッセオインテグレーション)、天然の歯のような噛み心地を得られます。

また、見た目と感覚が天然の歯に近く、入れ歯のような留め金、プラスチックの床等が必要ないので口の中に異物感がありません。

ポイント

  • 骨と土台が結合して固定されるので、感覚が自分の歯に近くなります。
  • 入れ歯やブリッジ治療などの治療法よりも自分の歯に近い見た目になり、周囲の歯に影響せず、負担をかけません。
インプラントの構造
インプラントの構造
〇上部構造(人口歯)

一番上に取付ける人口歯です。
患者様に合った色、形のものをお作りし装着します。

〇アバットメント(連結部分)

骨に埋入したインプラント(土台)と上部構造(人口歯)との連結部分です。
金属アレルギーが起こりにくく、また非常に錆びにくい素材のチタンを使うほか、さらに生体親和性の高いセラミックである「ジルコニア」を使用したものもあります。

〇インプラント(土台)

骨に直接埋入する土台の部分です。
骨と強く結合するために生体親和性の高いチタンがよく使われます。

一回法、二回法

インプラントの手術には、外科手術の回数によって「一回法」と「二回法」とに区分されます。

〇一回法の特徴
  • 外科手術が一回のみで患者様への負担が軽い。
  • 手術が一回だけで工程も複雑ではないので、費用が二回法よりかからない。
  • 十分な骨があることが好ましい。
  • 骨の高さや厚さが不足しているなど、骨造成などの骨再生法を併用する場合、2回法より若干感染のリスクが高い。
〇二回法の特徴
  • 土台を埋めてインプラントを定着させた後にアバットメント、上部構造を入れる。
  • 埋めた土台を骨に定着させる期間があり一回法(1ピース)よりも感染症にかかるリスクが低い。
  • 一回法よりは費用、患者様への負担が高い。
  • 工程が複雑で、一回法よりも治療期間が長い。

他の治療との比較

欠損した歯を補う治療法としてインプラントの他にブリッジや義歯などによる治療があります。
これらは保険の適用範囲内でもできる治療ですが、インプラントと比較して見た目のきれいさと噛み心地の面で劣るところがあります。
加えてブリッジ治療は欠損箇所の両隣の健康な歯を削る必要があります。

治療法 手術 見た目 噛み心地 保険適用
義歯(入れ歯) 不要 適用できるケースあり
ブリッジ 必要 適用できるケースあり
インプラント 必要 適用外

院長より

院長:中村 始

院長:中村 始

私も入れ歯をインプラントにしましたが、
何でも食べられ、違和感無く快適な生活を送っています。

院長の症例はこちらから

治療期間

下あごで2~3ヶ月、上あごで3~6ヵ月程度かかります。 ※患者様の状態によって変わります。

アンデンタルクリニックの治療

患者様の状態によって使用するインプラントを分けています

患者様の状態によって使用するインプラントを分けています
ストローマン社 straumann
  • 1回法のインプラント手術が基本。
  • 埋入後の5年、10年という長期にわたる安定性が多くの研究により報告されている。
  • 世界で500万人以上の患者様がストローマンインプラントによる治療を受けている。
カルシテック社 Calcitek
  • インプラントの表面をHAでコーティングすることによって、インプラントと骨の結合を促進。
  • カルシテックのHAコーティング技術が高く、剥離や骨の吸収などの問題がほとんど報告されていない。
  • 日本人に多い骨が極端に痩せているケースや即時インプラントに最適。
アンキロス ANKYLOS
  • 人体にとって親和性が高く異物になりにくい純チタン製。
  • インプラントの表面はラフな仕上がりになっており、これが骨の接合を容易にし(骨の被覆率70%以上)、治療期間が短縮できます。
  • プラットホームスイッチングという骨吸収を防ぐ構造。

治療後のメンテナンス

治療後のメンテナンス

インプラントは術後のケアを怠ると周囲の歯茎が炎症を起こしてしまうことがあります(インプラント周囲炎)。
手術後は口内状態の確認、メンテナンスや指導のために、数ヶ月に1回のペースでの定期健診を受けて下さい。

インプラントができないケース

インプラントを埋め込む部位の骨の量が十分でない場合には、治療ができないことがあります。
また歯周病はインプラントの寿命を短くしてしまいます。
そのため歯周病の患者様に対しては、歯周病の改善を先に行ってからの治療をお勧めしています。

アンデンタルクリニックの治療

最新機材でのインプラント

最新機材でのインプラント

インプラント手術では治療前の診断がとても重要です。
当クリニックでは「3DXマイクロCT」 を使って3次元画像診断により患者様の正確な診断を行います。
歯の欠損部分の骨の質、高さや厚み、形体を正確に検査をすることが可能です。

PAGE TOP