成田市土屋の歯科医院。インプラントや矯正治療から一般歯科まで、最新の機材で総合的な診療を行っています。

0476-22-0776

お問い合わせ・ご予約受付時間 08:00~17:00

診療内容

診療内容

小児歯科

お子様の将来にわたる「お口の健康」を考えた治療

小児歯科

主に乳歯が生えてくるころから、永久歯が生えそろうまでのお子様の診療をしています。
子供の頃からの虫歯の治療、歯並びの矯正は永久歯の生え方に影響します。
お子様のうちから口の疾患の治療や予防、機能育成を行いお子様の将来のお口の健康を守りましょう。

虫歯予防

子供は虫歯になりやすく、進行が早い

虫歯予防

乳歯は永久歯と比べるとエナメル質が薄く、やわらかいため虫歯の進行が早く、放っておけば数ヶ月で神経まで達することもあります。
親御さまで日頃の定期健診を心がけていただき、お子様の異変を感じたらすぐに病院へ行くようにしてください。

ポイント

  • 子供は虫歯の進行が進みやすいため、毎日のケアや早めの予防が大切です
  • 子供の虫歯予防には、フッ素やシーラントといった治療法があります
フッ素による虫歯予防

虫歯の予防には歯へのフッ素の塗布が有効です。
本来であれば上水道のフッ素化(フロリデーション)が理想ですが、残念ながら日本では行われていません。
フッ素による効果的な虫歯予防を行いたい場合は、定期検診を利用しましょう。
フッ素の塗布には以下のような効果があります。

〇歯質の強化

歯の表面を強化し、プラークから生成される酸に対して抵抗力を高めます。

〇脱灰の抑制

うがい薬と異なり非常に浸透性がよく、歯面に付着しているプラークの中まで行き渡ることで、プラークから作られる酸によって歯のカルシウムが溶け出す現象を防ぎます。

〇再石灰化の促進

唾液中にフッ素があることによって歯の表面にカルシウムが沈着する再石灰化を更に促進します。

〇細菌の抑制

虫歯菌が持つ酸を作る機能を低下させるため、虫歯のリスクが減少します。

アンデンタルクリニックの治療

虫歯の予防のため、フッ素入りのうがい薬を取り扱っています

虫歯の予防のため、フッ素入りのうがい薬を取り扱っています

フッ素での虫歯の予防は効果的です。
歯科医院でフッ素塗布を行うことができますが、ご自宅でもフッ素入りのうがい薬を使って継続的に虫歯の予防をすることができます。
このうがい薬は市販することができないものですが、歯科医院でフッ素についての説明を受けていただければお売りすることができます。
定期的に来院できない患者様、自宅で虫歯の予防を行いたい患者様には当クリニックでのうがい薬の購入をお勧めしています。
日頃から虫歯の予防でいつまでも歯を健康に保ちましょう。

シーラントによる虫歯予防

シーラントによる虫歯予防

奥歯のかみ合わせには細かい溝がたくさんあり、虫歯の原因となるプラークがたまりやすい状態です。
子供の乳歯や未発達な永久歯の虫歯を防ぐためには、プラスチックで歯の溝を塞ぐ「シーラント」という処置が有効です。

まれにシーラントが外れることがあるため、定期的に検診をする必要があります。

虫歯の治療

虫歯は早めの治療が大切です

虫歯の治療

乳歯や生えたばかりの未成熟な永久歯は大人の歯と違ってカルシウム分が多くありません。
そのため一度虫歯になってしまうとあっという間に病状が進行して酷い虫歯になってしまいます。

定期的に歯科検診を受けるなど、たとえ虫歯があったとしても初期の段階で治療するようにしましょう。

ポイント

  • 一度虫歯になると症状の進行が早いので予防と早期の治療が大切です

歯の矯正

お子様の将来を考えた矯正治療

歯の矯正

子供の歯の矯正はあごの骨が成長段階で矯正しやすい6歳~14歳までの間に行うと有効です。
早期に矯正をしておかないと、後から生える永久歯とあごの大きさが違う場合歯並びがガタガタになってしまいます。
また、乳歯が早期に抜け、永久歯が生えるスペースが不足している場合も歯並びに影響することがあります。

ポイント

  • 歯並びや歯のかみ合わせの悪さは、虫歯や姿勢の悪さなどに影響してしまいます
  • あごの発育段階(6歳~14歳)の期間に矯正することが有効です
  • 歯並び・歯のかみ合わせの状態は、一度検査をされることをお勧めします

歯並び・歯のかみ合わせが良くないと様々な弊害があります

現代の子供は噛む力が弱くなっていると言われていますが、あごの力の発達が弱いと、歯並びやかみ合わせが悪くなり、下記のような弊害が考えられます。

  • 歯磨きがしづらいために虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 舌の位置もずれてスムーズな発音がしづらくなる
  • あごや肩の筋肉のバランスが崩れ、肩こりや頭痛が起きたり姿勢が悪くなったりする

一度検査をされることをお勧めします

噛み合わせが悪いかどうかを判断することは非常に困難です。一度検査をされることをお勧めします。
矯正の治療方法については、お話し合いの上お子様に合わせた治療方法を決めていきます。

アンデンタルクリニックの治療

矯正が目立たない治療方法

発育途中にあるお子様のあごの形の矯正

透明のブラケットを使った矯正

当クリニックではお子さまのあごの形を正常な形に誘導する治療である床矯正をお勧めしています。
歯の内側に矯正器具を付けて頂き少しづつ調整をしていきます。
目立たず、自分で簡単に取り外しができ、費用もワイヤー矯正と比べて安価ですが、自分で取り外してしまうお子さまもいらっしゃるため、親御さまの管理が必要となります。

メリット

  • あごの骨が発育状態(6歳~14歳程度)の場合に効果を発揮する治療方法です
  • 自分で取り外しをすることが可能です
  • ワイヤー矯正に比べ費用が安価です

矯正が見えない治療方法

ワイヤーを使ったスタンダードな矯正

歯の内側にワイヤーを通す矯正

歯の外側にブラケットという装置をつけ、ワイヤーを通して少しずつ歯を動かす矯正方法です。
ワイヤー矯正は大人でも可能ですが、下記の様な利点があるので当クリニックではこどもの頃からの矯正治療をお勧めしています。

メリット

  • 大幅な歯の移動が可能
  • 歯を支える組織が順応しやすい
  • 歯並びのために歯を抜かない治療が出来る可能性が高い

PAGE TOP