成田市土屋の歯科医院。インプラントや矯正治療から一般歯科まで、最新の機材で総合的な診療を行っています。

0476-22-0776

お問い合わせ・ご予約受付時間 08:00~17:00

よくあるご質問

よくあるご質問

みなさまからクリニックによく寄せられるご質問についてお答えいたします。

診療全体についてのQ&A

初診の際に、必要なものは何ですか?
受付:岡部 千恵子

受付:岡部 千恵子

保険証だけお持ちいただければ問題ありません。

車で通いたいのですが、駐車場はありますか?
受付:岡部 千恵子

受付:岡部 千恵子

当クリニックより歩いて1分のところに7台分ご用意をしています。

詳細はこちらから

クレジットカードは使えますか?
受付:岡部 千恵子

受付:岡部 千恵子

¥5,000以上のお支払からお使いになれます。使えるカードは以下の通りです。
VISA、MasterCard、JCB、Diners Club、AMERICAN EXPRESS、NICOS、DC、UFJ、MUFG

診療には、予約が必要ですか?
院長:中村 始

院長:中村 始

予約をせずにご来院されても大丈夫ですが予約の患者様が受診されますので、申し訳ありませんが、お待ちいただくお時間があります。お電話にてご連絡下さい。

妊娠中でも治療はできますか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

可能ですが、あまり体への影響(薬剤の投与、歯茎の切開など)が少ない治療に限らせて頂いています。

診療中、子供を預けることはできますか?
受付:岡部 千恵子

受付:岡部 千恵子

当クリニックの待合室にお子様向けの本をご用意しています。

院長の実績を教えてください
院長:中村 始

院長:中村 始

東京歯科大卒業後、英国へ1年間、語学留学しました。豊富な経験を活かして、良質な施術を行います。

詳細はこちらから

平日に通えません。土日はやっていますか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

土曜は通常通り診療しております。日曜、木曜日、祝日はお休みを頂いております。

詳細はこちらから

どのようなスタッフがいますか?
院長:中村 始

院長:中村 始

歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手がおり、万全のスタッフ体制でお迎えいたします。

詳細はこちらから

一般歯科についてのQ&A

歯茎が腫れ、血が出てとても痛いです。歯槽膿漏でしょうか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

『歯周病』『歯肉膿瘍』の可能性があります。 歯茎の中に歯石や汚れが付いているのではないでしょうか。ぜひ、当クリニックで原因となる歯石や汚れを取り除きましょう。

詳細はこちらから

歯の裏側が煙草のヤニのせいで黒くなってしまいました。治りますか?
歯科衛生士:鈴木 由美子

歯科衛生士:鈴木 由美子

ヤニはタバコからだけではなく、コーヒー、紅茶、茶葉類などでも付着してしまいます。歯の裏側は特にブラシがあたりにくいので手入れも難しい箇所です。クリーニングといって専用の薬液と研磨でヤニやコーヒースティンを除去できるますのでご相談ください。

口臭が気になります。改善できますか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

口臭の要因を取り除く治療、日ごろの予防等をご提案いたしますので、まずは気軽にご相談ください。

歯が、ぐらぐらして物がかめません
院長:中村 始

院長:中村 始

歯がぐらぐらする症状にはさまざまな原因があり、診せて頂かないと判断しかねます。歯周病の可能性もあるので是非ご相談下さい。いずれにしても、治療しないと歯が抜けることもあるのでお早めの受診をお勧めします。

詰め物が取れました。元に戻せますか?
歯科衛生士:鈴木 由美子

歯科衛生士:鈴木 由美子

取れた詰め物は、できる限り手元に残しておいて、来診の際お持ちください。取れた部分が虫歯でなければ、元に戻すことができます。放置するのが最もよくないのでお早めに受診してください。

歯石の治療中に歯は削れているのですか?
院長:中村 始

院長:中村 始

機械は超音波の振動で歯石を取るので,決して歯は削れません。音は超音波振動の音なのでご安心ください。

歯磨きの良い方法を教えてください 
歯科衛生士:鈴木 由美子

歯科衛生士:鈴木 由美子

患者様それぞれにあった良い歯磨きの方法をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

詳細はこちらから

インプラントについてのQ&A

インプラントとはなんですか?
院長:中村 始

院長:中村 始

失った歯の代わりに、あごの骨に人口で作られた歯根(インプラント)を埋める手術方法です。 インプラント体に用いる素材には、生体に対して親和性の高い「チタン」が使用されているので、ご安心ください。

詳細はこちらから

差し歯とはどう違うのですか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

さし歯は歯自体に歯根があり、その上に冠をかぶせたりする施術です。インプラントは歯根の無い人でも固定性義歯を入れることが可能です。 

詳細はこちらから

歯の根っこがとても弱いです。どんな状態でも手術できますか?
院長:中村 始

院長:中村 始

殆どの歯を失った方にも手術が可能となります。万が一インプラント手術が出来ない場合は、ブリッジ、入れ歯などの治療をお薦めします。

詳細はこちらから

口腔外科についてのQ&A

なぜ親知らずを抜く必要があるのですか?
院長:中村 始

院長:中村 始

歯が傾いていて正常でない方向にあると、そこに食べカスや汚れがたまりやすくなります。そして歯の清掃性が悪くなり虫歯になる可能性が高くなります。不潔になり、腫れたりもします。また横向きに埋まっている親知らずが、それでも生えようとして前の歯を押すことにより、強烈に痛むことがあります。他、様々な理由がありますが、上記の理由を主として、親知らずを抜く必要があります。

詳細はこちらから

親知らずの歯を抜くのは痛いですか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

抜歯前に麻酔をして治療しますので、抜歯中に痛みに耐えていただくような事は決してありません。麻酔が切れた後、痛みが1~3日は残るため、痛み止めを処方しております。できる限り痛みのない治療を心がけております。

道で転び、歯が抜けてしまいました。歯は保存したほうがいいですか?
院長:中村 始

院長:中村 始

はい、元に戻すことが出来るので、できる限り保存しておいてください。

詳細はこちらから

抜歯後の食事と飲酒はできますか?
歯科衛生士:鈴木 由美子

歯科衛生士:鈴木 由美子

抜歯後、1時間後には食事をとっても構いません。麻酔がさめるまで、頬をかみやすいので気を付けてください。 手術当日のアルコールはなるべく少量に留めてください。

顎が痛くカクカクして口が開きません。口腔外科を受診すべきでしょうか? 
院長:中村 始

院長:中村 始

顎関節症を原因とするものなのか、歯の症状によるものなのか等、診察し原因を特定する必要があります。 その結果、当クリニックで治療するか、必要があれば症状に対応できる他院へご紹介致します。

矯正歯科についてのQ&A

治療年齢に制限はありますか?
院長:中村 始

院長:中村 始

基本的には歯を移動させるのに決まった年齢制限はありません。 矯正自体は何歳からでも始められます。ただし、成長期に始めた方がよりバランスの良い仕上がりになったりすることもあるので、歯並びが気になる場合は、早めの受診をお奨めします。

詳細はこちらから

歯を抜く必要はありますか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

全ての方が歯を抜くわけではありません。出来る限り健康な歯は残して治療していきます。

治療期間中の通院の頻度を教えてください。
歯科助手:岡澤 さと子

歯科助手:岡澤 さと子

2~3ヵ月に一度は定期的に通って頂く必要があります。

食事は、今まで通り食べれますか?
院長:中村 始

院長:中村 始

殆どの食べ物は普通に食べられますが、注意が必要な食べ物、食べられない物もあります。

矯正後、リテーナーはいつまで付ける必要がありますか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

なるべく長期間付けることが一番無難ですが、少なくとも矯正治療に要した時間と同じくらいの長さは付けていただく必要があります。

矯正することによってどんな変化がありますか?
院長:中村 始

院長:中村 始

口唇も引っ込んで口元がすっきりして顔が細くなる(小顔になる)こともあります。これは歯の位置を移動したためです。

小児歯科についてのQ&A

赤ちゃんは何歳頃から歯医者に連れて行った方がよいですか?
院長:中村 始

院長:中村 始

初めての歯が生えて来た時、もしくは適齢期になっても生えてこない場合は受診してください。歯は一生ものなので赤ちゃんの頃から検査しておくと、後々の良好な歯の育成につながります。

詳細はこちらから

乳歯の虫歯治療は必要ですか?永久歯が生えてくるので。
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

乳歯の虫歯が根っこまで至る場合、下に待ち構えている永久歯にも虫歯が当然影響してきます。生え変わるからといって放置すると大変なことになりかねません。

詳細はこちらから

子供が歯医者を怖がって、泣いてしまいます。
歯科衛生士 歯科技工士:松澤 通代

歯科衛生士 歯科技工士:松澤 通代

虫歯は放置しておいていいことはありません。特に乳歯の時期に虫歯が多い人は永久歯も虫歯が多くなってしまう傾向が多く見受けられます。また小児期はたくさん食べて咬むことでからだや顎が成長する大事な時期です。虫歯でよく咬めなかったりすると大事な成長期の妨げになるでしょう。ぜひあきらめず、説得してみてください。

赤ちゃんはいつから歯磨きを始めるべきですか?
歯科助手:岡澤 さと子

歯科助手:岡澤 さと子

乳歯が生え始めたら、すぐに歯みがきの習慣づけをはじめましょう。柔らかい歯ブラシを用いて、丁寧に歯を磨いて、練習を始めてみてください。

詳細はこちらから

子供が矯正治療を恥ずかしがって嫌がります。
院長:中村 始

院長:中村 始

治療を本人が自覚し協力的になるまで説得して待ちましょう。矯正治療をすることで永久歯を抜く可能性を限りなく低くすることができます。

詳細はこちらから

ホワイトニングについてのQ&A

ホワイトニングはどんな治療をするのですか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

ホワイトニングとは、普段の歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くする方法です。歯を削ったりすることなく、歯の中にある色素を分解し、歯の明度を上げて白くしていく治療です。

詳細はこちらから

ホワイトニング後、歯の白さはどれぐらい保てますか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

ホワイトニングの効果が持続する期間は、その方の嗜好、色に対する感覚、歯の構造などによって異なり、個人差があります。3~6ヶ月に一度のクリーニング、6ヶ月~1年に一回のタッチアップ(白さを持続させるための再ホワイトニング処置の事)が必要になってきます。

詳細はこちらから

歯や体全体に対して、悪影響はありますか?
歯科衛生士:鈴木 由美子

歯科衛生士:鈴木 由美子

適正な施術のもと、歯および人体に悪影響はありません。しかし、一時的に冷たいものや熱いものが歯にしみる(知覚過敏)ことがあります。 

詳細はこちらから

詰め物も白くなってしますのですか?
歯科衛生士 歯科技工士:松澤 通代

歯科衛生士 歯科技工士:松澤 通代

充填物や前装冠を白くすることは、ホワイトニング手術ではできません。ホワイトニング終了後、新しい色に合わせるため、再治療が必要になる場合があります。

ホワイトニング治療は痛いですか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

ホワイトニング後は、個人差で「刺激感」が出ます。これは過酸化水素による脱水症状を原因とし、直接的に歯には問題ないと考えられています。「刺激感」は、数日以内に解消し、元の状態に戻ります。

詳細はこちらから

虫歯の歯も白くできますか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

症状のない小さな虫歯であれば、その部分に仮のつめ物をして施術することができますが、ホワイトニングを行った後に、その歯の色に合わせてかぶせ物やつめ物をしたほうがより自然な仕上がりになりますので、お急ぎでなければ虫歯治療を行ってからホワイトニングすることを推奨しております。

保険は適用されますか?
受付:岡部 千恵子

受付:岡部 千恵子

ホワイトニング処置は保険適用外となります。処置する歯の本数によっても変化しますので、料金については別途ご相談ください。

詳細はこちらから

審美歯科についてのQ&A

審美歯科とはどんな治療ですか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

審美歯科とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)によって、最初うつむき気味だった患者さまが、見違えるように自信を持ち始めたケースもございます。

詳細はこちらから

費用はどれくらいかかりますか? 
院長:中村 始

院長:中村 始

歯科診療は保険診療と自費診療に分けられるのですが、審美歯科治療は、使用する材質いかんでは保険の適用外になります。しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険外ではあってもセラミックの方が美しく耐久性がありますのでセラミックを推奨しております。

詳細はこちらから

セラミックには、どんな種類のものがありますか?
歯科衛生士 歯科技工士:松澤 通代

歯科衛生士 歯科技工士:松澤 通代

メタルボンドやオールセラミックスまで、色々な素材を揃えております。患者様、それぞれに適したセラミックをご提案いたします。

詳細はこちらから

定期健診についてのQ&A

定期健診は、保険適用できますか?
歯科衛生士 歯科技工士:松澤 通代

歯科衛生士 歯科技工士:松澤 通代

日本の医療保険は疾病に対する保険なので、健康診断には保険が効きません。これは歯科に関しても同じです。

詳細はこちらから

歯に異常はありませんが、検診は必要ですか?
歯科医師:中村 鉄平

歯科医師:中村 鉄平

歯に異常がない場合も、定期的な健診は必要です。歯周病などは慢性的に症状が進行しているケースが多々あり、ご自身が気づかぬうちに大変な状況になっていることがあります。また神経をお取りした歯の虫歯については、痛みが無いので自覚症状が乏しく、気づかないことが多いです。定期検診での早期発見・早期治療を心がけてください。

詳細はこちらから

PAGE TOP